大方様 写真.jpg

大方 岳
OKATA Gaku

profile

私の作品のテーマは自覚できない感情、不安,性などさまざまです。しかし手法として共通するのは認知されない物語や複雑な人の感情、場所の意識をひとつの作品に詰め込み再構築することです。

主に平面作品を作っていますがシーツを使ったインスタレーションなども作ります。

CV

2020年2月

個展 EXHALE  at Gallery AIRY 

2020年5月

市民参加型アートプロジェクト怪物君の探し物開催 at 甲府市 

2021年5月

個展 LONELy-LOVELy at R/SHOEI 

2021年6月

グループ展に出展 at 山梨県立美術館

2021年7月

グループ展NAZE展 出展 at 富士川クラフトパーク  

Instagram @gakuokata

Artworks

大方岳作品1.png

 I am still here

1385x1040mm Acrylic paint on canvas

大方岳作品2.png

Sad and Angry

2660x1370mm

Spray on plastic sheet

 

Artrela2022

この作品は記述や場面、抽象表現のコラージュです。 場面の集積が物語で、物語が文脈を作りそして場所が特別な場になります。 「場所」はただ単に地名や地形を表すのではなく土地に関わるいろいろな要素を含む概念です。人、風景、伝承、自然。それらの要素があつまり人々の中で「場所」は違う文脈を与えられます。 私の手法はさまざまな現象を多角的に見つめ、さまざまな手法で研究し紐解き、それらを抽象的でランダムな平面表現にすることです。

このアートリラでは さまざまな場所や人々との交流を通して伊香保の物語を見つけ、それらを私のフィルタを通してスケッチして伊香保のシーン(場面)を集めて、外から訪れる私の中の伊香保の物語を表現します。 会場にいらした方や作家自身も展示中に作品に描き足していくことで常に継続する物語としてのアートです。